このサイトはInternet Explorer 6、7には対応していません。ブラウザをバージョンアップした後にご覧ください。

Vol.5 プロジェクトパートナーインタビュー

手描 京友禅をアスナのために

京友禅 伝統工芸士 富川 新子(愛莉紗)

— このプロジェクトの印象は

京華さんとのご縁から相談を受けました。アニメにはまったく疎く初めての世界ですが、ヒロインの女の子が次元を越えた世界で、アスナというアバターとして自己実現や愛のために戦っていく姿に、とても胸を打たれました。そしてアスナちゃんとユウキちゃんのお話を聞いて込み上げる思いもあり、今までにないご提案でしたが受けることにしました。今回のプロジェクトに参加させて頂けること、大変嬉しく感謝いたします。

— デザインのコンセプトをお聞かせください

私の好きなモチーフで水、空、宇宙。そして好きな色が青なので、アスナちゃんのイメージにはぴったりのデザインは自然に出てきました。9点ほどラフデザインを上げた中から一番初めに浮かんだ“睡蓮と観世水(ナナメ取り)”に決めました。

全体を水のイメージと青の色調とし、白い大きな睡蓮で力強さを、小さなお花ではんなりとした可愛らしさを表現しています。また、アスナちゃんの剣をモチーフにした柄を入れる事により、美しさと凛々しさを兼ね備えた、聡明なアスナちゃんを表わしています。そしてそれが全体を引き締め、より調和をもたらしています。特に睡蓮の花言葉は「純粋」「潔白」ですが、他にも世界各地の神話にも登場する「水の妖精」という別名もあるらしくアスナちゃんに相応しいかと思いました。

【選定された“白生地”】
水のイメージが生地に織り込まれている。完成した着物の奥深さを演出する。

【地染め】
下絵と糊置、伏糊の工程を経て配色のイメージで生地全体を染め上げる。このさい、挿友禅(手描での色挿し)の部分は白抜きとなっている。

【挿友禅の染料と道具】
複数の染料を調合してウンディーネのアスナをイメージした色合いを創り出す。それぞれの染料には筆が添えられている。

【挿友禅の技】
ひとつひとつの模様を丁寧に色付けしていく。手描 京友禅を最も代表する工程。

【金彩加工】
模様の細部や輪郭、デザイン部分に施すことで挿友禅の繊細な色使いと相まって、豪華絢爛な仕上がりを演出する

金彩加工は、細部に高度な箔加工をお願いしました。剣をブルーグリーンの箔で陰影を出した暈し加工になってます。

完成した着物作品には作者のサインと落款、為書き(着用されるかたのお名前)を下前(右前身頃の下方)に入れております。今回の作品にも私の雅号、「愛莉紗」と落款を入れており、更にアスナちゃんだけの為に創った世界で一枚だけの作品です、という私の気持ちを込めて「為 アスナ」と表記しています。

— 9月21日の“京まふ”での手描 京友禅公開について

今回の着物の無事完成とご成功を祈願して、京都嵯峨野の車折神社(芸能、芸術の神様)に朱色の玉垣を奉納し名前を書いて頂きました。

京まふのステージでアスナちゃん役の戸松遥さんがこの着物を着て頂けるのがとても嬉しいです。私も当日は観に行きます。舞台映え、展示映えを念頭において、メリハリが効いて華やかな仕上がりになっていますので、フィギュアの発表と共にとても楽しみです。

■「伝統工芸士」とは?
伝産法第24条第8号に基づいて伝統的工芸品産業振興協会が行う試験にて認定される国家資格。 産地固有の伝統工芸の保存、技術・技法の研鑽に努力し、その技を後世の代に伝えるという責務を負っている。

アスナが纏う着物を手描 京友禅(振袖)国家資格“伝統工芸士”
の中でも数少ない女性京友禅作家“愛莉紗”が制作

  • 【伝統の技法を踏まえながら、新たな表現方法で
    着物と帯を制作する工房「愛莉紗」より】


    京都にてオリジナルブランド「愛莉紗」を立ち上げ、現代女性の美を際立たせる和の装いをトータルにご提案しております。伝統の技法を踏まえながらも従来の型に囚われない新たな表現方法を取り入れて、お客様のこだわりを大切に対話を進めていきます。そして生地選びから始める作品づくりに精進しております。




【主な受賞歴】


・2012年:京手描友禅作品展に出品、「京都市勧業館みやこめっせ賞」受賞。
・2013年:松瑞展に訪問着出品、「松瑞展芸術大賞」受賞。
・2014年:京手描友禅作品展に訪問着出品、「KBS京都賞」受賞。
・2015年:伝統工芸士認定(京友禅 手描部門)。京手描友禅作品展に訪問着出品。「京都織物卸商業組合賞」受賞。手描友禅協同組合組合員。松瑞展に招待作家として訪問着出品

プロジェクトパートナー

悠久の刻を超え、京都2000年の歴史と伝統を
最新の技術と感性でSAOに融合させます。

京都呉服問屋京華

京友禅のアドバイザー兼コーディネート

京都呉服問屋 京華

京都府京都市下京区夷馬場町7-5

大正十年より京都西本願寺のほど近くにて店を構えて100年。
多種多様幅広く、常時10,000点以上の在庫を取り揃えており、中には現代では再現不可能な技術を駆使した京友禅も保管している。

株式会社D4A

フィギュア造形用の京呉服3Dスキャン・データ変換

株式会社 D4A

京都府京都市南区西九条蔵王町30-1
大樹生命京都南ビル

1999年創設の3DCGをメインとしたグラフィック会社。3Dスキャンスタジオ「SCANBA!KYOTO」を導入。18メガピクセルのDSLRカメラを100機設置しており、3Dスキャンからの3Dモデル化は勿論、利用目的に応じたデータ制作や3D プリント出力を提案することが可能。

株式会社Knead

フィギュアの3Dデータ造形及び彩色見本制作

株式会社 knead

京都府京都市西京区山田大吉見町3-2

2010年創業の3DCGをメインとしたマルチメディアコンテンツの製作、フィギュアやグッズ、玩具の企画及び原形製作会社。様々なメーカーで数多くの原型と彩色見本を手掛けており、2018年からはついにメーカーとしての展開も開始。

NEWS

  • 2020.03.13 up

    【新型コロナウイルス感染症の影響による発売時期変更につきまして】詳細はリンク先ページにてご確認をお願いいたします。