「間桐桜 和服ver.1/7スケールフィギュア」クリエイターズインタビュー
Special Interview

劇場版 Fate/stay night[Heaven's Feel]のヒロインである「間桐桜」、その和服姿がフィギュア化するに至った経緯や制作時のこだわりをクリエイターの皆様に伺いました。


―― 今まで、アニプレックスプラスから多くの和装フィギュアが発売されていますが、今回"間桐桜"というキャラクターを選ばれた理由はなんでしょうか?

アニプレックス担当
「京都国際マンガ・アニメフェア2016」でフィギュアの元となる描き下ろしイラストを公開した時に、既に劇場版「Fate/stay night[Heaven’s Feel]」の公開が決まっていました。  映画を観たら、絶対にファンの皆さんの桜への愛が深まるはずと思い、フィギュア化を決定しました。





――「間桐桜 和服ver.」で薄黄色の打掛けや手に持つ桜の花が印象的です。『Fate』シリーズではその他にも和服姿のイラストが描かれていますが どういったイメージでイラストを描かれているのでしょうか?

ufotable
まず、「セイバー」「遠坂凛」の和服姿は二人の着物デートをイメージしてデザインを始めました。モチーフは「牡丹と薔薇」(笑)。 特に凛は、葛飾北斎の描いた牡丹が凄く好きで、それをデザインに活かしました。 今回フィギュア化された桜はデザインするにあたり、(植物の)桜は外せないと思っていました。とはいえ普通に桜を描くのも嫌だったので、お姉さんの凛ちゃんと同じ、葛飾北斎のお花のデザインをモチーフに、デザインしてみました。 そのうえで、HFは桜ちゃんルートなので、シチュエーションは結婚式、着物は色打掛にしてみました。







――続いて実際にフィギュア制作を担当したお二人に伺いたいと思いますが、「間桐桜 和服ver.」フィギュア、造形的な見どころはありますか?

宮嶋
桜と言えば下ろしたロングの髪型のイメージですが、和装に合わせて結い上げた、普段の桜とは異なる雰囲気を楽しんで頂ければと思います。うなじとか(笑)。





――彩色においては特に複雑な柄が多い和服ですが、今回の「間桐桜 和服ver.」制作上で難航したところはありますか?

ストロンガー小田
絵柄のイラストレーターデータへの変換がとにかく細かくて大変です。デカールという薄いシールを全面に貼るのですが、 立体へシワにならないよう貼りこむのも慎重な作業です。打掛の花柄が華やかで目立ちますが、一番内側の着物、襦袢の緑色部分にも全面に柄がありますので、手に取られましたら全身を細かく見ていただければと思います。





―― アニプレックスの和服フィギュアでいうと既に発売されている「セイバー晴着Ver」がありますが、制作上で異なったところや、意識したところはありますか?

宮嶋
元イラストの段階でセイバーの「動」、桜の「静」と言うポージングの差はありましたので、それぞれキャラクターの性格を意識してポーズに差を付けて行った所はあります。 セイバーは普段冷静沈着なキャラの割りに、たまにテンションのスイッチが入る時がありますので、テンションが上がってじっとしていられない瞬間をイメージしています。
一方の桜は、引っ込み思案なイメージがある一方、肝の座った所もあるキャラですので、楚々としながらも凛とした佇まいを出せる様に意識して制作しました。





――最後に、「Fate/stay night」は「Fateシリーズ」の原点として、世界中に沢山のファンがいます。今後「WAHOO!」のような日本らしい和服姿のフィギュアとして、制作を考えている「Fate」のキャラクターはいますか?

アニプレックス担当者
作るかどうかまだ決めていませんが、「作ってみたい」のは、イリヤスフィールです。あとはセイバーオルタの和服verとか…かな。ちょっとシックすぎるかもしれませんが。


Post date : 22/11/2017


Profile
原型師・宮嶋克佳氏 アニメ作品やゲーム映像など、CGモデルのキャラクターモデラー・モデリングディレクターとして活動する傍ら、2011年からはフィギュア原型師としても活動中。

小田ツヨシ氏(ストロンガー) プロデューサー。ホビーメーカーにてフィギュア商品企画や原型制作などを手がけた後、2014年に株式会社ストロンガーを設立。



関連商品

1 件の結果


1 件の結果

カテゴリ

オプション

カテゴリごと


最近チェックした商品