このサイトはInternet Explorer 6、7には対応していません。ブラウザをバージョンアップした後にご覧ください。

「セイバー/アーサー・ペンドラゴン〔プロトタイプ〕霊衣開放ホワイトローズ 1/7スケールフィギュア> <br />
<br />
<br />

<!-- ===================== 本文  ===================== -->
<div class=

Special Interview

只今予約受付中の Fate/Grand Order「セイバー/アーサー・ペンドラゴン〔プロトタイプ〕霊衣開放ホワイトローズ」。ANIPLEX+のFGOフィギュアシリーズの中では初の男性サーヴァントとなるこのフィギュアの原型を担当された「さと」さん、そしてフィギュアディレクターである後神智昭(アニプレックス)に制作時のこだわりや見どころを詳しくを伺いました!






――さとさんは普段から『FGO』を遊んでいただいているとのことですが今回、原型制作頂いた「セイバー/アーサー・ペンドラゴン〔プロトタイプ〕霊衣開放ホワイトローズ」というサーヴァントに対しての印象はどういったものでしたか?

さと
もともとプロトアーサーが好きだったので、霊衣開放が発表され白い礼服姿を見た時は興奮しました。 ログインを忘れないようにと毎日気を付けていたのを覚えています。鎧姿も凛々しくて恰好良いと思っていたのですが、ホワイトローズ姿はまた鎧姿とは違った魅力があって恰好良い…と、日によって着替えさせつつゲームを楽しんでいます。。。





――原型を作るにあたり、お気に入りのポイントや悩んだところなどありますか?

さと
気に入っているポイントは背中です。原型を作る時、正面はもちろん背中を作ることも色々と詰め込めることができて楽しいので、今回も腕を上げているシワや骨など楽しく作らせていただきました。





――「FGO冬祭り2018-2019」会場やワンダーフェスティバル会場などで実際に原型をご覧頂ける機会も多いと思いますが是非ここを見てほしい!という点がありましたらお願いします。

さと
立ち姿全体ももちろん見ていただきたいのですが、ネクタイの飾りや胸元の鎖、ボタンなど細かいところまで作らせていただいたので見ていただけたら嬉しいなと思います。




――今後、手掛けてみたい『FGO』のキャラクターはいますか?

さと
ソロモン、ホームズ、岡田以蔵、新宿のアサシン。
まだまだ作りたいキャラクターはたくさんいますが、上記のキャラクターをいつか立体化したいと思っています。



――最後にファンの方へ向けて一言お願いします。

さと
「セイバー/アーサー・ペンドラゴン〔プロトタイプ〕霊衣開放ホワイトローズ」とても楽しく作らせていただきました。 立体化したホワイトローズ姿を前後左右、上から下からと見て楽しんでいただけたら嬉しいです。









――これまで数多くのFGOのサーヴァントをフィギュア化してきましたが、今回、初の男性キャラクターである「セイバー/アーサー・ペンドラゴン〔プロトタイプ〕」を選ばれた理由はなんでしょうか。

後神
FGOのサーヴァントは男性、女性サーヴァント共に魅力があり、特にこのセイバー/アーサー・ペンドラゴン〔プロトタイプ〕は美青年で人気のあるサーヴァントだったので立体化したいと考えていました。昨年のFGO冬祭り2017-2018の大分会場に行ったのですが、ホワイトローズの霊衣開放が発表された際に、びっくりするくらいのどよめきが起きて、これは絶対にファンの方々にお届けしなくてはいけないなと思いました。


▲これまで後神がディレクションを手掛けてきたANIPLEX+のFGOフィギュア


――男性と女性で造形は異なると思いますが特に心がけた点などありますか?

後神
女性は美しく、キレイで可愛くを心がけて作りますが、男性はカッコ良く作らないといけないと思うのですが、そのカッコ良さというのは人それぞれだと思います。 ですので、まずはアーサーの持つカッコ良さとは何かを考えました。もちろん、アーサーといえば端正な顔立ちは譲れないとは思いますが、セイバーということで、剣を振るうのであれば胸、肩、腕の上半身の筋肉がしっかりとしているだろうし、 重たい剣を振り回すには構えるために下半身の筋肉も必要なはずです。男性なので、特に筋肉の構造は意識しつつも、アーサーらしさという点で過度に筋肉質をアピールしすぎないようにして、イラストをしっかりと再現することを心がけました。






――ディレクターとして見てほしいところはありますか?

後神
イラストがとても爽やかじゃないですか。なので、あのイラストが持つ綺麗な全体感というのを意識してディレクションしました。それは、髪のなびき方だったり、上品に笑う口元の造形もそうですが、色選びでもとても意識していて、髪や瞳の色、青や金も何パターンもの中から選んで組み合わせるのに時間をかけました。





また、前の質問でも答えていますが、衣装を着ているとはいえ筋肉質であることもアピールしたいなと思い、特に脚やお尻の造形から、その肉感が見て取れると思います。 この部分は、今回造形をお願いしたさとさんが大の筋肉好きな方で、意見が合致しました。お互いの意見をぶつけ合いながら、程良いバランスの筋肉表現ができたのではないかと思います。 今回、初めて人気原型師のさとさんと組ませていただいたのですが、その答えをぜひお手元でじっくり眺めていただきたいです。




――最後に今後立体化したいサーヴァントがあれば是非!

後神
2部の中からもフィギュア化してみたいサーヴァントがたくさんいますので、次回作も楽しみに待っていてください。



今回ご紹介した「セイバー/アーサー・ペンドラゴン〔プロトタイプ〕霊衣開放ホワイトローズ」1/7スケールフィギュアは2019年2月17日まで復刻受注中。この機を逃すと手に入らないANIPLEX+限定販売です! ご希望の方は是非!

Post date : 21/1/2019

(c)TYPE-MOON / FGO PROJECT




Profile

さと

フィギュア原型師。刀剣乱舞-ONLINE-「三日月宗近 真剣必殺Ver.」、Fate/Grand Order「ランサー/クー・フーリン」など数々の人気フィギュアの原型を手掛ける。

後神智昭(アニプレックス)

フィギュアディレクター。2015年よりアニプレックスにてフィギュア商品企画を手掛ける。「冴えない彼女の育てかた 和服シリーズ」「シールダー/マシュ・キリエライト」「アヴェンジャー/ジャンヌ・ダルク[オルタ]」、「グランド・ニューイヤー マシュ・キリエライト」など。




NEWS